薬剤師







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/







臨床開発モニター 転職薬剤師

レベルの高い仕事内容を実践していることが証明された上で、いくつかの研修への参加や試験やテストに合格という業績をあげているような薬剤師には、関係する団体から検定認定証などが与えられます。
その地域や地方によっては、薬剤師の数が足りないことが由々しいため、「もし薬剤師として働いてくれるのであれば」という姿勢で、条件・待遇を好都合にしてくれて、薬剤師を受容してくれる地方や町はそれなりにあります。
正社員と比べればパートという働き方は、収入は少ないものですが、勤務に就く時間や日数は割と勝手を聞いてもらえます。薬剤師転職コンサルタントに委託していくことで、めいめいの条件に一番近い求人を探し出しましょう。
ドラッグストアで薬剤師の人たちが、勤務に就く時、薬の仕入れに関わる仕事または管理業務は基本で、薬を調剤し投薬するところまでも負わされることも。
給与に関して不安を感じて、より高額な給与を得ることのできる職場を調べて探している人というのは多くいるのです。その一方で、薬剤師という専門の職業であっても、労働環境・勤務環境は多種多様化の傾向にあります。
アルバイト・パートの薬剤師の案件を様々取り揃えており、短時間の勤務で高い時給で就労可能な求人案件が、数多く見つかるでしょう。
辺鄙な地方に就職すれば、もしも未経験の新人薬剤師であっても、日本で働く薬剤師が手にする平均的な年収額に200万円増やした金額で勤め始めるという事も考えられます。
近いうちに仕事に再び就きたい。と言っても、一般の社員として労働する職場は難しい。そんな悩みを抱えている人に持って来いなのが、パートが可能な薬剤師なんです。
アルバイト代が良いのは、薬剤師としてアルバイトをする魅力でしょう。アルバイトとして働いていても、雑務だけじゃなくて、社員さんたちと同様の業務を行うことだって可能だし、様々な経験を積むことが望めるアルバイトだと思います。
狭い職場の調剤薬局では、どうやっても病院や製薬会社と比べて、人間関係の面は小さくなりがちなんです。従って、現場との相性が重要な項目に見えます。
2社以上の薬剤師転職関連の求人サイトに登録申請すると、たくさんの求人案件を見ることができると思います。会員ユーザーならではの非公開情報を見ることも可能なんです。
ただ薬剤師と口にしても、いくつもの職種が存在するんです。様々な職種の中でも、非常に一般的によく知られているのは、なんといっても、調剤薬局に身をおいている薬剤師さんではないでしょうか。
ドラッグストアに関しては大企業や会社によって経営されていることも結構あって、年収による収入のほかに福利厚生に関しても、調剤薬局の場合と比べてキチンとしている所がほとんどであるように思えますね。
薬剤師の求人サイトは、所有している求人案件が違うことから自分の希望に合う求人を選びたければ、2つ以上の薬剤師求人サイトに登録し、自分なりに見比べてみることが絶対条件です。
1月を過ぎると、薬剤師さんにとって、ボーナスの後に転職、と想定していろいろ動き始める方、新しい年度にしようと、転職を検討する方がとても増える頃です。