薬剤師







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/







薬剤師転職コミュニティ

医療分業の仕組みにより、現在の調剤薬局の数というのは、コンビニの店舗数を上回っていると言われております。調剤薬局の事務としての技能に関しましては地域差がほとんどないので、再就職をするようなとき生涯の仕事の技能として役立てることが可能です。
近頃は、薬局のほか、各地に展開するドラッグストア、DIYショップなど、各種多様なお店でも薬の取り扱いや販売をすることが当たり前になっています。店舗数についても増え続ける流れにあるのです。
現状では、薬剤師の職のパート求人情報をチェックしている人は、家事などの事もあって希望条件が多いので、ピッタリの仕事先をそう簡単には見つかりませんし、仕事を探すのに費やせる日数も限られているというのが実情です。
現状においては、薬剤師が足りない事態はドラッグストアや薬局で数多く生じていますが、これからについては、病院や調剤薬局などで募集のある薬剤師の人数枠は、増加しなくなると想定されています。
上質な仕事内容を実践していることがあったとして、いくつかの研修への参加や検定合格など成果が認められる薬剤師に、各団体より認定証などの発行が行われます。
時間をかけて手にした技能を無にせず、薬剤師が転職したその後も資格などを有効活用できるように、勤務する職場条件を整えて改良していくことが必要と言われています。
診療報酬改定・薬価改定に影響を受け、病院の利益が前より減りました。その現状に比例して、薬剤師の年収というものも額が下がってしまうので、大学病院に籍を置く薬剤師のもらえる給料が上がらなくなるのです。
通常、一般公開される薬剤師を募る求人案件は全体からすると2割。8割については「非公開求人」となっていて、なかなか見つかりにくいレベルの高い求人情報が、豊富に見ることができます。
一般的ではないが、ドラッグストアによる販売の形を把握したマーケットエージェントや、商品開発担当のアドバイザーといった仕事に就職する人もおられるみたいです。
薬剤師が就職する先としては、病院での勤務、ドラッグストア、調剤薬局の店舗、あるいは製薬会社などがございます。年収についてはそれぞれ差がありますし、各地域でも変わるものです。
近年における医療業界についてを注視すると、医療分業という体制もあることから、規模の小さい調剤薬局というのが急増、すぐに働ける薬剤師を、喜んで迎える傾向が際立ってきました。
一般には非公開の求人を見たければ、薬剤師をターゲットにした転職サイトを利用するほかないようです。クライアントから広告費を出してもらって営まれていますから、見る人は使用料などを払うことなく使用できるようです。
子どもが入園し、仕事がしたくて求職活動を始めることが大変多いという薬剤師さんですが、子どもの世話を重視していて、アルバイト・パートで復帰を望んでいる方が相当たくさんいるそうです。
特に薬剤師の案件満載の転職サイトを見て転職するような人も増加しているため、サイトも増えているそうです。いまでは欠かせない存在になりました。
中途求人での数が最多である職種は調剤薬局だそうです。払われる給料は450万円〜600万円が相場です。薬剤師という専門職は、経験値が重要となりやすいから、新卒の初任給の額より給与額は高くなるのです。