薬剤師







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/







薬剤師転職サイト 比較

昨今は薬剤師資格を所有しているたくさんの人たちが、子育ての最中でも薬剤師という資格を切り札にして、アルバイトとして働いて家計の力になっていると聞きます。
望まれることも前より多くなってきたものは、上手にコミュニケーションをとっていくという、接客におけるスキルではないでしょうか。たとえ薬剤師でも、患者さんと直接顔を合わせる流れに移行してきています。
現代の不況のさなかでも比較的高い給料がもらえる職業と区別されていて、日頃から求人があるような、思わず夢見る薬剤師の年収なのですが、2013年においての平均年収で、だいたい500万円〜600万円程度だと言われております。
一言で薬剤師と言われていますが、数多くの職種があるのをご存知ですか。様々な職種の中でも、最高に高い認知度を誇るのは予想通り、調剤薬局に勤める薬剤師さんといえるでしょう。
パート、またはアルバイトの薬剤師の仕事をいっぱい取り扱っていますから、ちょっと探せば、高い時給で就労できるような募集案件が、幾つも見つかるに違いありません。
正社員を振り返ればパート雇用というのは、収入は少ないものですが、勤務時間や日数は柔軟です。薬剤師転職のアドバイザーに依頼していただいて、あなたの条件に一番近い求人を見つけていきましょう。
日本全国に展開をしているような大規模なドラッグストアにつきましては、待遇の非常に良い薬剤師への求人というのを出しておりますので、それなりに楽に探し出すことができる状況です。
子育てが一息つき、小遣い稼ぎで現場に戻るケースが多いという薬剤師さん。家事や子供の世話を考慮し、パート、あるいはアルバイトで再び働き始める方が相当多いようです。
簡単に申しますと、調剤薬局での事務職は「薬剤分野」の部分だけ網羅すればよいため、難しいものではなく、気負わなくても受けることができるということで、注目されている資格なのであります。
他に比べて時給が良いのは、薬剤師アルバイトのおススメ点。アルバイトであっても、一般の社員とほとんど同様の業務を行ったりするのも可能で、キャリアアップすることもあり得る仕事ではないでしょうか。
求人案件が豊富で、転職のエキスパートによる助言もあるみたいなので、薬剤師限定のネットの転職サイトは、利用者にとってすごく役立つツールになるのだと思います。
実際、薬剤師のパート求人サイトを見てみるほうが、傾向として仕事口選びで、失敗に終わる確率をある程度抑えることだって可能であるのですから使わない手はありません。
条件の良い薬剤師求人がたくさん見つかるようになるというようなことが、1月以降顕著です。求めるとおりの求人にめぐり合うには、素早い転職活動を行っていくことは不可欠であります。
ステップアップすることを目的に転職する考えなら、容易に転職活動を進められることから、薬剤師の求人が多いネットの転職サイトをチェックしてみるのが良い方法ではないでしょうか。
ドラッグストアについては大企業や大きな会社などが運営していることが多々あり、年収の額以外にも福利厚生に関しましても、調剤薬局の勤務待遇と比べて充実している所が目につくと聞いています。