薬剤師










ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/


















薬剤師転職本舗

以前のように他愛もなく転職が可能であるものではありませんから、どのようなものについて最も優先していくべきなのかを熟考して、薬剤師も転職するにあたり注意深くなる事が重要です。
仕事選びを成功させる確率を高めることさえできますから、薬剤師向けの転職サイトを最大限利用することを広く推奨致します。
それぞれの調剤薬局に、必ず一人は管理薬剤師を置くことが薬事法というもので取り決められていますが、調剤薬局に身をおく薬剤師が求めるキャリアアップとして、管理薬剤師というポジションを目指していく人は少なくないはずです。
対薬剤師のいわゆる「非公開求人」の情報を潤沢に持っているのは、医療の分野に強い人材派遣・人材仲介会社であります。年収700万円以上という薬剤師に向けた求人案件をたくさん得られます。
不況の現代社会でも結構良いお給料の職業という認識があり、日頃から求人があるような、うらやましくなる薬剤師の年収とは、平均年収は2013年で、約500〜600万円ほどだという話です。
とにかく時給がいいのが、薬剤師のアルバイトをする長所ですね。アルバイトとして採用されても、社員さんとほぼ一緒の仕事をすることが普通なので実績もかなり積むことさえできる仕事なんです。
薬剤師が転職しようと思う原因は、その他の仕事と大差なくサラリー、仕事の中身、仕事で抱えている悩みもっとキャリアアップしたい、技術関係・技能関係などが挙がってきているのです。
最寄りのドラッグストアで、薬剤師のパートに応募したいと思案している方は少し思いとどまってください。ネットにある薬剤師求人サイトを利用したら、希望通りの求人案内があるかも。
ドラッグストアについては規模の大きな会社による運営になっていることも結構あって、年収面以外にも福利厚生の現況でも、調剤薬局の待遇よりもしっかりしている所がいっぱいあるように思えますね。
出産してしばらくしてから、家計のために職探しを始めることが多数という薬剤師さんですが、家事や育児を優先する為、アルバイトとかパートで復帰を望んでいる方がすごく多数いるそうです。
簡潔に言うと、調剤薬局の事務というのは「薬剤分野」だけを学習すれば十分なため、難しいものではなく、肩の力を抜いて手を出しやすいということで、注目度の高い資格と言えるのです。
たまには、ドラッグストアに関しての販売ルールに精通しているマーケットエージェントや、商品開発に関してのコンサルタントなどといった職業選択をする場面もあるのです。
現状においては、薬剤師が足りていないのは薬局或いはドラッグストア各店で相当数起こっていますが、後々、調剤薬局、各病院で必要とされる薬剤師は、もう増える事はなくなると推測されています。
現実的な問題として、パートOKの薬剤師の求人を確認している方は、育児をはじめとした理由により希望条件が多いことから、自分に合った仕事場を簡単に探すことは難しく、職探しに使える時間もかなり少ないと言えます。
パート薬剤師のパート代は、それ以外のパートより高いようです。そんな理由から、ほんの少し手間暇をかければ、時給がかなり高い勤務先を探すことも可能なはずです。