薬剤師







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/







薬剤師 転職サイト おすすめ 薬局

薬剤師については、薬事法が定めるところによるもので、内容に関しては、修正或いは改定をされる可能性も想定可能なので、薬事法を把握しておくことといったことも重要ポイントといえるのです。
求人情報の収集に加え、転職に関する段取りもしてくれることもあって、薬剤師の案件豊富な転職サイトは、転職活動にあまり時間をかけられない人に適しています。全く初めて転職をするという人にも利用してもらいたいですね。
求人概要の詳細だけでなく、経営状況あるいは局内の環境やムードはどうかというようなことも、担当のキャリアエージェントがそこまで出向き、現実に働いている薬剤師さんからの話を傾聴してくることで、生きた情報を発信しお伝えしていきます。
一般的ではないが、ドラッグストア独自の販売のやり方に造詣が深い販売カウンセラーや、商品開発専門のアドバイザーと言った形の職業選択をすることもあるとのことです。
地域によっては、薬剤師不足の状況が問題になっており、「薬剤師としてぜひ働いて欲しい」という切実な思いから、勤務条件・待遇のレベルを上げて、薬剤師を受け入れている地域などもございます。
インターネットの求人サイトに登録を済ますと、転職のコンサルタントが担当に就きます。担当になったコンサルタントに頼むと、ぴったりの薬剤師の求人案件情報を提供してくれるに違いありません。
今まで薬剤師求人サイトを使ってみた薬剤師の方の経験を踏まえ、評判がそれなりに良いサイトたちを選択して、独自の視点でランキングとして紹介していますので、要チェックです。
新しい情報を常に学びさらなる専門性の向上に尽力することというのは、薬剤師として働くのであれば、最も重要なことです。転職をする時、望まれるであろう知識や技術、技能も幅を広げています。
通常、転職サイトのエージェントは、医療の現場に精通した人が多いことから、条件交渉の代行とか、しばしば担当している薬剤師の方たちの悩みの解消のために相談にのってもらえることもあるとのことです。
ドラッグストアに関しては大企業が運営や経営をしていることも結構あって、年収面以外にも福利厚生に関しても、調剤薬局と比較して勝っている所がほとんどであると聞いています。
他に比べて時給が良いのは、薬剤師としてアルバイトをする魅力でしょう。アルバイトとして採用されても、雑務だけじゃなくて、社員さんたちと同じような仕事を行ったりすることが良くあるので、実績を積むことが期待できるアルバイトに違いありません。
毎日忙しいので自分で求人を見つけるのが難しいという場合でも、薬剤師をサポートする専任のコンサルタントがそういう人の代理で検索してくれますから、ストレスなく転職活動を進めることだってできるのです。
深夜勤務の薬剤師アルバイトとして、どんな働き口があるかといったら、結局極めて多いのがドラッグストアなんです。夜も営業しているところも多いのが理由です。
不況のこの時代でも結構良い給与の職と認識され、ほぼいつも求人情報がある、うらやましい職業、薬剤師の年収に関しましては、2013年において平均の年収で、約500万円から600万円ぐらいだと言われております。
診療報酬また薬価の改定に影響を受け、病院が獲得することのできる収入が前より減りました。そのことに比例し、薬剤師が得られる年収も少なくなるので、大学病院に属している薬剤師の給与がなかなか上がらないのです。